【フォークリフト】「免許」と「技術講習」の受験資格

「免許」の受験資格

フォークリフトは、道路交通法上、特殊自動車(特殊な構造の自動車)に該当し、車体の大きさ、最高速度等の特性により、小型特殊自動車と大型特殊自動車に分類されています。

小型特殊自動車

小型特殊自動車とは、下記の①②の全ての要件を満たす特殊な構造の自動車をいいます。

① 長さ4.7m以下、幅1.70m以下、高さ2.00m以下

② 最高速度が時速15km以下

そして、フォークリフト(小型特殊自動車)で公道を走行するには、下記のいずれかの免許が必要です。

大型免許、中型免許、準中型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許、普通二輪免許、小型特殊免許

受験資格

大型免許、中型免許、準中型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許は、年齢18歳以上になると取得することができます。

普通二輪免許、小型特殊免許は、年齢16歳以上になると取得することができます。

したがって、16歳から、フォークリフト(小型特殊自動車)で公道を走行するには、普通二輪免許または小型特殊免許が必要ということになります。

大型特殊自動車

大型特殊自動車とは、車体の大きさ、最高速度等の特性が、小型特殊自動車の要件に該当しない特殊な構造の自動車をいいます。

そして、フォークリフト(大型特殊自動車)で公道を走行するには、大型特殊免許が必要です。

受験資格

大型特殊免許は、年齢18歳以上になると取得することができます。

したがって、18歳にならなければ、フォークリフト(大型特殊自動車)で公道を走行することができないということになります。

注意点

免許を取得すると公道の走行は認められます(ナンバープレート・自賠責保険の加入・車検が必要)が、公道上での作業は所轄警察署長または道路管理者の道路使用許可を受けてる場合以外行うことができませんのでご注意下さい。

「技術講習」の受講資格

フォークリフトで、公道を走行したり、公道上で作業(荷物の運搬やトラック・船舶・航空機等への積込み等)する機会は、極めて少ないはずです。

例えば、どこかの会社に就職して、フォークリフトを運転することになったとしても、構内(会社の敷地内や工場・倉庫等の建物内等)で作業する場合に限られるのではないでしょうか。

公道を走行したり、公道上で作業するのではなく、構内の作業でフォークリフトを運転する場合、上記の運転「免許」は必要ありません。

しかし、労働安全衛生法では、「1トン(1,000キログラム)以上のフォークリフトの運転業務には、フォークリフト技能講習を修了した者でなければ就かせてはならない」と定められています。

一般的に、フォークリフトは1トン以上のものが多いため、フォークリフトを使った構内作業を行うには、技能講習を修了しなければならないということになります。

受講資格

フォークリフト技能講習は、年齢18歳以上になると受けることができます。

なお、フォークリフト技能講習は、自動車教習所(自動車学校)、労働基準協会、トラック協会等で受けることができます。

ただし、日本にはたくさんの自動車教習所がありますが、フォークリフト技能講習が受講できる教習所は限られていますのでご注意下さい(一部の教習所でのみ受講可能)。

※1 運転「免許」を保有している方は、短い講習時間で修了でき、受講料も安くなります(受講料金等は教習所等により異なります)。

※2 受講申込書は、自動車教習所(自動車学校)、労働基準協会、トラック協会等で取得することができます。また、免許証写し、認印、写真(3.0cm×2,5cm)2枚等が必要になります。