【自賠責】保険金が支払われるのは、自分の保険?相手の保険?

自賠責保険とは

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、車やバイクを運転中に事故を起こし、他人を死亡させたり怪我をさせたりして、損害賠償義務を負うこととなった場合、保険会社から保険金が支払われる制度です。

自賠責保険は、法律(自動車損害賠償保障法)で加入が義務付けられている強制保険です。

そのため、車やバイク(原動機付自転車を含む)の所有者は、必ず、加入しなければなりません。

そして、運転する際は、自賠責保険証明書を携帯しなければなりません。

また、250cc以下のバイク(原動機付自転車を含む)については、自賠責保険証明書を携帯する他に、保険商標(自賠責保険加入ステッカー)をナンバープレートに貼り付けなければなりません。

保険金が支払われるのは、自分の保険?相手の保険?

例えば、私が車の持ち主で、A保険会社の自賠責に加入しているとします。そして、私が車を運転中に操作を誤り、他人Bさんが運転する車に衝突し、他人Bさんに怪我をさせたとします。

この場合、私の操作ミスが原因であるため、私が他人Bさんに対して損害賠償義務を負うことになりますが、保険金は、私が加入しているA保険会社から支払われます。

なお、保険金が支払われる方法には、2種類あります。

1つは、まず、私が他人Bさんに損害賠償金を支払い、後日、私が保険金をA保険会社に請求(加害者請求)し、私に保険金が支払われる方法です。

もう1つは、他人Bさんが私から賠償を受けられない場合に、他人BさんがA保険会社に直接請求(被害者請求)し、他人Bさんに保険金が支払われる方法です。

仮渡金制度と一括払制度

仮渡金制度

交通事故の際に、被害者は、すぐに怪我の治療代等のお金が必要になります。

その治療代等をまかなうお金を早く受け取れるようにするために、加害者が加入している損害保険会社に対して、傷害の場合は程度に応じて5万円・20万円・40万円を、死亡の場合は290万円を、被害者が請求することができる制度(仮渡金制度)があります。

一括払制度

車やバイクの所有者の多くは、「自賠責保険」の他に、対人賠償保険や対物賠償保険などの「任意保険」にも加入しています。

この場合、交通事故の際に、被害者が加害者に対して請求したり、自賠責保険の被害者請求をしたりすることなく、保険金を受け取ることができるように、損害保険会社が、加害者に代わって、自賠責保険の保険金と任意保険の保険金を、被害者に一括して支払う制度(一括払制度)もあります。