原付バイクを買ったら、損害保険に加入する前に、必ず確認すべきこと

加入が義務付けられている自賠責保険

車やバイクを購入したら、必ず加入しなければならないのが、自賠責保険です。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、車やバイクを運転中に事故を起こし、他人を死亡させたり怪我をさせたりして、損害賠償義務を負うこととなった場合、保険会社から保険金が支払われる制度です。

自賠責保険は、法律(自動車損害賠償保障法)で加入が義務付けられていますので、自賠責保険に加入せずに車やバイクを運転した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、免許停止などの処分が下されます。

多くの方が加入する損害保険(任意保険)

車やバイクを購入する方の多くが、自賠責保険の他に、損害保険(対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、車両保険など)にも加入します。

なぜなら、事故を起こした場合、自賠責保険の補償(保険金)だけでは足りないことがあるからです。

たとえば、バイクを運転中に、事故を起こし、他人を死亡させてしまった場合、損害賠償金が数千万円から数億円になってしまうことがあります。

しかし、自賠責保険の保険金の支払限度額は、被害者1名につき死亡の場合は3,000万円(傷害の場合は120万円、後遺障害の場合は4,000万円)であるため、万が一、損害賠償金が自賠責保険の保険金支払限度額を超えてしまった際には、その超える部分の損害賠償金を、ご自身で負担しなければならないからです。

損害保険は、この自賠責保険の保険金支払限度額超える部分の損害賠償金をカバーしてくれます。

また、自賠責保険では、他人の車・バイク、物などが被った損害や、自分が負ったケガなどの損害については、保険金が支払われませんが、損害保険は、これらの損害にも対応してくれます。

(注)損害保険は、損害保険会社などで加入することができますが、加入しなくても法律で罰せられることはありません(加入は任意です)。

原付バイクを購入したら、損害保険に加入する前に、必ず確認すべきこと

上記のとおり、車やバイクを購入する方の多くが、自賠責保険の他に損害保険にも加入します。

しかし、原付バイク(エンジンの総排気量が125cc以下の二輪車)を購入したら、損害保険に加入する前に、確認したほうが良いことが1つあります。

それは、ご自身の家族に車の持ち主がいて、その方が加入している損害保険に、ファミリーバイク特約が付いているかどうかです。

ファミリーバイク特約とは、車の持ち主(記名被保険者)またはその家族が、原付バイクを運転中に、事故を起こし、他人を死亡させたり怪我をさせたりして損害賠償義務を負うこととなった場合やご自身が怪我を負った場合などについて、保険金が支払われる制度です。

つまり、ご自身の家族に車の持ち主がいて、その方が加入している損害保険に、ファミリーバイク特約を付けていれば、ご自身が原付バイクを購入する際に損害保険に加入しなくても、万が一事故を起こしたときに、自賠責保険でカバーできない部分をファミリーバイク特約がカバーしてくれるのです。

無駄な保険料を支払わないためにも、原付バイク(原動機付自転車)を購入したら、損害保険に加入する前に、ご自身の家族に車の持ち主がいて、その方が加入している損害保険に、ファミリーバイク特約が付いているかどうか確認することをおすすめします。