【自動車損害保険(任意保険)】ファミリーバイク特約の欠点

ファミリーバイク特約とは

車を購入して自動車保険の加入を検討されている方の中には、加入する自動車保険に、ファミリーバイク特約を付けるかどうか迷われている方もいらっしゃると思います。

ファミリーバイク特約を付けると、自動車保険の記名被保険者とその家族が、原付バイク(125cc以下の二輪車、50cc以下の三輪以上の車)を運転中に事故を起こし、他人を死傷させたり、他人の車を壊したりして損害賠償義務を負うこととなった場合や、記名被保険者とその家族が負った怪我などについて、保険金が支払われます。

しかも、原付バイクは、記名被保険者とその家族が所有しているものだけでなく、借りた原付バイクも補償の対象となります。

したがって、例えば、記名被保険者(父親)の家族(娘)が、友人の原付バイクを借りて事故を起こし、他人に怪我をさせたり、他人の車を壊したりした場合や、娘自身が怪我をした場合も、保険金が支払われます。

ファミリーバイク特約の欠点

記名被保険者とその家族が運転する原付バイクについての損害は、ファミリーバイク特約では補償されません。

したがって、例えば、記名被保険者(父親)の家族(娘)が、友人の原付バイクを借りて事故を起こし、他人に怪我をさせたり、他人の車を壊したりした場合や、娘自身が怪我をした場合は、保険金が支払われますが、娘が運転していた友人の原付バイクが壊れても保険金は支払われません。

なお、加入する自動車保険に、ファミリーバイク特約の他に、車両保険(記名被保険者の車が事故・当て逃げ・盗難・災害等で損害を受けた場合が対象の保険)を付けていても、記名被保険者とその家族が運転する原付バイク(原動機付自転車)についての損害は、ファミリーバイク特約や車両保険では補償されませんのでご注意ください。